« January 2005 | Main | March 2005 »

February 28, 2005

ローレライ

本格的和製潜水艦映画「ローレライ」せまる。
2005年3/5封切。
約50年ぶりの潜水艦映画である。制作費12億円を
かけた超大作。
問題点は表面上、戦前的な「愛国心」を大切にする思想に思
える点だと思う。
確かにこの映画は、勇ましい。この映画をみれば会社の営業
などの部署は士気が上がることうたがいなし。
監督樋口真嗣
原作「終戦のローレライ」福井晴敏、講談社
主演
役所公司/艦長
香椎由宇/パウラ
ピエール瀧/田口徳太郎
妻夫木聡/少年兵
フジテレビ・東宝他映画
ドイツの潜水艦Uボートはライン川の魔女(人魚)ロー
レライとして連合軍の水兵からは恐れられていたが、
ドイツは敗戦し日本に寄港中のUボートは接収され、
「伊507号」となる。
その潜水艦には「ローレライ」とよばれる新兵器が
搭載されていた。それをあやつるのは日系ドイツ人
のパウラだった。この兵器?はソナーが「耳」であ
るとすれば「目」であり、一瞬のうちに敵艦を索敵
してしまうのだった。
日本には原爆が次々に投下されていく。
1945年8月、日本へ3発目の原爆が東京に投下
されようとしていた。それを阻止すべく、テニアン
島に向け、「伊507号」が向かう。
***
原作を読んだ人は香椎由宇がなぜ最初の方に紹介されて
いるか分かっていると思う。
***
公式サイト
http://www.507.jp/index.html
原作
http://shop.kodansha.jp/bc/books/topics/lorelei/
****ヨタ記事
いくらSF小説とはいえ、戦前にレーダースクリーン
のような兵器は登場するはずはないわけで・・。
私(の研究所?)にも実は「ローレライ」は搭載さ
れており抜群の戦果を生み出しており・・。
会社の営業などにも使える。お客さんを一発で発見可
能だったりして。
ほらばなしでした。
「モーツアルトの子守唄」ヘイリ−
マキシシングル、1200円も発売中。
サイトでも聴けるが、美しい。

| | Comments (34) | TrackBack (3)

February 27, 2005

キングアーサー

ブラッカイマーが好きかいなかで好みが別れるところ
である。
http://www.movies.co.jp/kingarthur/
http://www.simpson-bruckheimer.com/
***
「キングアーサー」は歴史上のアーサーを探究した映
画であり、「アーサー王伝説」ロマンスの映画化でな
いところに特色をもった映画である。魔法や摩訶不思
議なお話が出てこないところにこの作品の特徴がある。
魔法の剣、エクスカリバーは勇気の象徴と言うより、
戦争をあらわしているように思える。神々の時代の伝
説ではなく、歴史上の出来事として再現されている。
ただ、下記のサイトなど見るとわかるが、「アーサー
王と円卓の騎士」の出身を東欧におく少数有力説であ
る点は留意しなければならない。また、映画としては
少し神秘性に欠けるかとも思う。この辺が分かれ目で
良くないと言う人も多い。
しかし、私は最近の歴史大作では最高の出来だと思う。
95点。
***
キングアーサー
http://www.movies.co.jp/kingarthur/
「キングアーサー」”KING ARTHUR"
2004年米映画/ ブエナビスタ配給
監督: アントワーン・フークア 
製作: ジェリー・ブラッカイマー
「パイレーツ・オブ・カリビアン」で有名
製作総指揮: ネッド・ダウド 
脚本: デヴィッド・フランゾーニ 
原作:「アーサー王伝説」
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31392306
キャスト:
クライヴ・オーウェン(アーサー王)
キーラ・ナイトレイ ( グウィネヴィア)
ヨアン・グリフィズ (ランスロット騎士)
原作:「アーサー王伝説」
http://myshop.esbooks.co.jp/myshop/merlin?shelf_id=10
DVD
http://store.yahoo.co.jp/digiconeiga/vwds-3946.html
この映画にはローマ帝国下のブリテンとそれに対する
抵抗勢力(ウオード)、そして侵略者サクソンが登場
する。当時のブリテンには占領者のローマとサクソン
という二つの敵対勢力が存在した。
***
アーサーは幼少時、故郷サマルート(現在の東ヨーロ
ッパ)からローマに徴兵され、ローマ軍司令官として
円卓の騎士を率いてブリテンにやってきた。しかし、
ローマも周辺諸国から侵略を受け、ブリテンを放棄す
る時がやってくる。アーサーと円卓の騎士達もちょう
ど兵期を終え、それぞれの国に帰還する日が迫ってく
る。
その通達をもって教皇の使節がやってきたが、その前
に彼らに最後の命令をくだす。北部に住んでいるロー
マの貴族マリウスらをサクソン人がやってくる前に救
出せよ、というものだった。ローマにとってもサクソ
ン人は強敵で人数も減少した彼らにとっては「死の宣
告」に等しかった。そのうえ、抵抗勢力のウオードの
住む森林を超えなければならなかった。しかし、司教
に強要され彼らは仕方がなく、ハドソンの城壁を超え
出発する。
 ウオードは魔法使いともいわれるマーリンの率いる
ローマへの抵抗勢力で土着のケルト人からなっていた。
マーリンは高齢で次の指揮者としてアーサーに目を付
けていたので彼らを見のがす。マリウスの館につくと
異教徒という理由で捕われているグイネヴィアらと出
会う。彼女らも元はウオードだった。途中の野営地で
外に出ていく彼女を追いかけるとマーリンが待ってい
た。マーリンは意外にもアーサーに「国王となれ」と
ほのめかす。
 彼らは凍った湖でサクソン人に追い付かれる。氷上
の死闘の戦闘は見物である。
***
日本だけでなくアメリカでも通常の映画紹介ではロー
マ教会の司教が、アーサーの(ペラギウス修道士の彫
られた)レリーフを割るシーンについて触れられてな
い。しかし、このシーンはこの映画のサブテーマでも
ある。強いているならブリテンの自由といえるだろう
か。
 キリスト教会史ではペラギウス問題といわれている。
アーサーは教父ペラギウスのよってキリスト教徒にな
った設定になっている。ペラギウスは映画にもでてく
るが当時の西方教会、つまり、ローマ=カトリック教
会では異端とされた教父である。
 『神は人間を善なるものとして創造し、生まれつき
の罪を負うものでないでない。しかし、神と同じく完
全な自由意思を持つものとして創造したので堕落する
可能性』があるとした。そして人間が真に自由な存在
であることを説いた。
それに対してアウグスチヌス教父は人間は生まれつき
罪人であり、親のから原罪を引き継いでいる。それを
あがなうのがキリストであり教会がその権限を持つ。
自由意思は限定的なものであると論ばくし、当時の教
会から正統とされた。

「アーサー王伝説」研究
http://www.chitanet.or.jp/users/10010382/htm02/p00210.html
http://www2u.biglobe.ne.jp/~mayuzumi/arthur/arthur_books.html
旅行向きのサイト
http://www.asahi-net.or.jp/~NW6E-MTMR/arthur/arthur.htm
映画版ゲームもでる筈である。
http://www.nintendo-inside.jp/news/138/13813.html

ヤフ−の掲示板などに書いていたものをブログ用に書
き直し。

| | Comments (69) | TrackBack (0)

February 21, 2005

きみに読む物語

ネタおおばれアリ。
アメリカの村上春樹、新鋭作家のニコラス・スパークスが
放つヒット作2弾だが、この作品が処女作である。「メッ
セージ・イン・ア・ボトル」は後年の作品である。
100%の恋愛小説(+介護問題か?)といえる。
いつか訪ずれる老いを青年に受容させる内容でもある。
アメリカの南部の町の情景の映像には好き嫌いがあるかも
知れないが、映像原作者の親族の実話で「愛の」リアリテ
イに溢れる。90点
「きみに読む物語」
http://www.kimiyomu.jp/
2004年米映画⒈23分
監督 /ニック・カサベテス
制作/マーク・ジョンソン、リン・ハリス
脚本/ジェレミ−・レヴァン他
原作 /ニコラス・スパークス
主演/ライアン・ゴズリング(ノア)
   レイチェル・マクアダムス(アリ−・ハミルトン)
   ジーナ・ローランズ(アリ−・カルフ−ン)
   ジェームズ・ガーナー(デユーク)
***
映画の冒頭は老夫婦の介護施設のシーンからはじまる。デユ
ークと呼ばれる夫は、いつもアルツハイマー病の妻にノート
に書いた物語を聞かせていた。その物語は自分達の出合いの
物語だった。
1940年、ノースキャロライナ州の町シーブルックにテ−
エンジャーのアリ−・ハミルトンが家族と一緒にバケーショ
ンにやってくる。この町にはしだれ柳と白鳥の渡来で知られ
る河川があった。カーニバルの夜、地元の青年ノアと出会う。
ノアは男性にしては勘が鋭く、アリ−が自分の結婚する相手
であることを直感する。ノアは軽いノリで良家の子女のノア
を笑わせる。二人の愛は一気に最高潮に達する。ある夜、ノ
アはアリーを古い廃虚に連れ出す。そしてその家の改築が自
分の夢だと語る。ノアは材木工場の労働者だったのである。
アリーは画家になるのが自分の夢でアトリエが欲しいとねだ
る。しかし、アリーの両親は階級を超えた、若い二人の愛を
認めない。
 夏休みが終わる。アリーは実家のチャールストンに帰り、
ノアは戦争に出陣する。ノアは戦地から彼女に365日手紙
を出したが、親に取り上げられ、届かなかった。
やがて、アリーはボランテイアで知り合った弁護士のロンと
結婚することになる。しかし、ノアが廃屋を改築したことを
しる。彼女はノアの元に走る。
***
「何ひとつ本当に失われたものはない。世界のあらゆるもの
は失われるはずはない」
この映画は究極の愛の物語である。真の愛は色褪せることな
く、移り行くこともない。
ノアとアリーの愛の物語は奇跡を起す。
愛に階級とか門地とか年令は無関係である。
アガペー(神の愛、絶対愛)とエロス(肉体愛)は対立する
ことなく互いに含まれている(キャップ)ことをこの現実の
物語は語っている。それは生が死に含まれていることと同じ
ことなのである。(注意、警告:この辺は私の自由主義思想
なので「正統主義」のかたには薦められません。しかしなが
ら諸先生方が私の思想、神学?をとることを拒むものではあ
りません。ネタにどうぞ)。
***
「きみに読む物語」(原題「ノート」)
ニューヨークタイムズのベストセラーに一年以上なっていた。
第1作でもあり完成度は今一歩で、脚本の方が良くできてい
るかも知れない。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-ISBN=4902088584
***
わたしは、ありふれた男だ。
でも、わたしには全身全霊をかたむけて愛する女性が
いる。
いつでも、それだけで十分だった。
10代の夏にアリーと恋に落ちたときから、彼女と離
れて暮らしていた辛い日々も、その後の長く幸福な結
婚生活の間も、いつでも彼女だけを愛しつづけてきた。
その気持ちは、彼女が病気になって記憶を失ってしまっ
た今でも変わることはない。だから、二人の愛をアリ
ーが思いだすまで、毎日わたしは、その軌跡を綴った
ノートを彼女に読みきかせる・・。
***
文の感じからして村上春樹さんに似ている。簡潔だが
力強い文体である。そして「愛」に対する情熱に溢れ
ている。

| | Comments (205) | TrackBack (0)

February 20, 2005

オペラ座の怪人

音楽ファン必見の映画
既にヤフ−などに良いサイトもあるが、サーバーパンク
(ワールド)の怪人であるNTLも解説したいと思う。
「彼は狂人と化した天才だ」

この映画の印象はシャンゼリゼで正装をあつらえてか
ら、カフェフーヶでお茶をし、オペラ座の特別席で鑑賞
した後、マキシムでキャビアをつまみにシャンパンをの
み、ロマノコンテイと鴨料理を楽しんだ後、フォーショ
ンにナポレオンを頂くという人向きではある(私は松屋
だったが・・(^^))。
だがだ。多くの方々はこの映画の本質は「パラレル=ワ
ールド」にあることを見落としているのではないか。
**

監督はジョエル・マッカ−で制作は「ジーザスクライス
ト=スーパースター」「キャッツ」で知られるアンドリ
ュ−・ロイドである。
ジョエル・マッカ−というと「依頼人」「評決のとき」
も好きでビデオで良く観ているが、この映画でもそんな
経験が良くいかされている。
しかし、映画とミュージカルの双方の調和は難しく80
点の出来だろうと思う。

「オペラ座の怪人」/2004年、米英映画、140分
監督・脚本/ジョエル・マッカ−
制作・作曲・脚本/アンドリュ−・ロイド=ウェバー
主演/
ジェラルド・バトラー(ファントム、つまり怪人)
エミ−・ロッサム(クリステイ−ヌ、プリマドンナ)
パドリック・ウイルソン(ラウル)
**
エミ−・ロッサムはボートに載せて地底湖(私の場合、
山か)に連れ去って一緒に暮らしたいくらい、歌声も
綺麗で美貌である。

しかし、それは拉致・監禁/誘拐罪などに該当するこ
とも忘れずに・(^^);;;
***
物語
映画の冒頭、一枚のポストカードから1919年のパリ
のオペラ座のシーンがはじまる。オペラ座は廃虚となり
密かに調度品のオークションが開かれていた。年老いた
ラウル子爵らがそこにいて参加している。
オペラ座は1875年ナポレオン3世の時代、シャルル・
ガルニエの手によって建築され、パリの良き時代、ベル
エポックにおいて上流社会の人々の憩いの場所だったの
だが第1次大戦後廃虚となっていたのだった。一際きら
びやかな光を放ったシャンデリアがオークションにかけ
られる。その覆いが外されると場面が1870年代の世
界に変わる(この辺は「タイタニック」という感じ)。
オペラ「ハンニバル」のリハーサルが行われている。
その最中に(前)プリマドンナのカルロッタの上に暗幕
が落下してくる。カルロッタは怒り、役をおりる。
そんな時、クリテイ−ヌは「Think of me」を歌い、皆
を魅了し代役に抜てきされる(この歌声は素晴らしい)。
「ハンニバル」の公演は成功、彼女は一躍スターとなる。
それを観ていた幼馴染みのラウルとも再開して幸せな恋
に落ちる。やがては二人は婚約する。クリステイ−ヌに
大きなダイアの指環が輝く。
しかし、ファントムが彼女を連れ去って、地底湖の彼方
の住処に向かう。地底湖の水面のゆらぎが神秘的である。
・・

***
まず、ファントムは音楽を真に理解できる妖精であると
同時に、誰にでもある嫉妬心、ダークサイドの象徴とし
て描かれている。
さて、次にこの映画でははじめてファントムの半生が回
想されている。誕生後醜さのゆえに母親から捨てられて
サーカスの見せ物とされる。その後、・・・彼はオペラ
座の地下の迷宮に住む。この映画独自のものだがそのあ
たりがこの映画の鍵だろうと思う。
この映画はパリでオペラを鑑賞する上流社会の人々と抑
圧され、差別された貧しい階級の人々のパラレルを描い
ているのではないか。カール・マルクスの「資本論」も
同じ時期にあらわされている。それは同時に現代のアメ
リカ社会を反映しているし、今後の日本社会の姿のよう
なきもする。
***基礎知識
「オペラ座の怪人」は映画や劇団によって話の筋が異なる。
しかし、基本となっているのはガストン・ルルーのもので
ある。
角川のは新訳である。
「オペラ座の怪人」、ガストン・ルルー、長島訳
角川書店 、2000年02月、760円
ISBN:4-04-284001-9
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=30636897
早川書房
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=06051835
原作
"Le Fantome de L'Opera",Leroux,Gaston.
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0844212334/qid=1108848703/sr=1-3/ref=sr_1_10_3/250-1423364-6999432
**
サントラ
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=c&cf=0&id=sicp765
ミュージカルファン必聴のCDと思う。
「オペラ座の怪人」でしか聴けないオペラもある。
これを書いたあと、自慢の河合の電子ピアノ(パイプオルガン
やチェンバロも再現できる)でこの曲を採譜しようと思ったが
時間がなくなった。CDが手に入ってからのお楽しみである。
**
オペラとミュージカルの違いを分かりやすく説明すると前者は
イタリア・大陸的なもので堅い感じのもので後者はアメリカ的
で分かりやすいものといえる。
大辞林より
オペラ [(イタリア) opera]
歌唱を中心とする舞台劇。扮装した歌手の歌と管弦楽・
舞踊・振りなどで構成される。一七世紀初めにイタリア
に起こり、ヨーロッパで発達した。歌劇。
ミュージカル[musical]
第一次大戦後アメリカで独自の発達をとげた、音楽・舞
踊・演劇を巧みに融合させた総合舞台芸術。イギリスの
コミック-オペラから発生し、アメリカ的な機知や好み
をもつ音楽劇として発達した。ミュージカル-コメディ
ー。
*
私は正直言ってオペラの方が、それもワグナーのものが好
きである。勇壮で美しい。
マキシム
http://www.maxim-s.co.jp/
フォーション
http://www.fauchon-ice.jp/
職場、御家庭で
http://www.asahiinryo.co.jp/fauchon/
http://www.world-plaza.net/jam/fauchon.htm
フーケは日本にはなかったと思う。

| | Comments (38) | TrackBack (1)

February 13, 2005

アレクサンダ−

「アレクサンダ−」
「プラトーン」「JFK」「ニクソン」などを手がけた
社会派の監督、オリバーストーンの歴史大作。10年の
年月と制作費2200億円をかけてつくられた。よく
「アキレサンダ−」などと論評されているが、事前知識
がないと長くて呆れるのは事実である。私はヘレニズム
は専門に近いのだが、難しいと思った。歴史知識がまず、
「世界史」程度では不足でヨーロッパやアメリカの進学
校で習う一般教養が前提となっている。
ギリシア神話、特に「イリアス」とアリストテレスの知
識がまず、必要で現代のアメリカ、特にブッシュ親子と
イスラムとの関係の把握も必要だろうか。

                      90点
公式サイト
http://www.alexander-movie.jp/
2004年オリバーストーンフィルム/アメリカ映画
監督・脚本:オリバー・ストーン
音楽:ヴァンゲリス
主演
コリン・ファレル(アレキサンダー大王)
アンジェリーナ・ジョリー(オリンピア)
ヴァル・キルマー(フィリポス王)
クリストファ−・プラマ−(アリストテレス)
アンソニー・ホプキンス(プトレマイオス王:語り手)
物語

「幸運は勇者に宿る」(ヴェルギウス)
映画の冒頭、インド遠征からギリシアへ帰る道中の
バビロンの宮殿でアレキサンダーが、(BC323年に)
亡くなるシーンが流れる。
次の場面はBC283年のエジプトのアレキサンドリア
である。語り手のプトレマイオス王がアレキサンドリア
図書館のテラスで大王の歴史を口伝筆記させている。
(当時の社会では召使にパピルスに書き取らせるのが
一般的だった)。
BC356年、マケドニア王フィリポスと妻オリンピア
スの間に生まれたアレキサンダーは、両親の確執の中
に育つ。オリンピアは人間を蛇のようなものだといい
ながら小さいアレキサンダーに妖計を授けるのだった。
10台半ばで彼は同じ世代のヘファイステイオン、プ
トレマイオスらと一緒にアリストテレスの講議を受け、
格闘技の訓練もする。
当時、ギリシアの都市連合はペルシアとの戦いに破れ
て解体し、フィリポス王の下で再建され始めたばかり
だった。ペルシアとの戦いに格闘技も必須だった。

「人は王に生まれるのでない。王になるのだ」
(アリストテレス)

彼は同学の仲間の中でもヘファイステイオンとは特別
に中が良かった。当時はギリシア文化でよく見られる
同性愛を育んだといえるだろうか。
やがてマザコンをもちながらも文武に長けた青年へ成
長する。アレキサンダーが20歳になった年、再婚の式
がはじまる直前にフィリポスが暗殺される。ただちに
アレキサンダーは、王位を継いだ。
まず反乱を起したギリシアの都市国家テーバイの制圧
を行い、父フィリポスの後を継いでペルシア遠征を行
う。
BC331年、バビロンに近いガウガメラでペルシア王
ダレイオスと一戦を交える日がやってくる。ペルシア
軍25万に対して、ギリシア軍は4万である。しかし、
アレキサンダーは念密に作戦会議を行って戦略を練り、
前線に立ち部下を鼓舞して士気を高めてから戦い、ダ
レイオスを山岳に敗走させる。
やがて場面はバビロンへの入城シーンとなる。花吹雪
が舞い、凱旋するアレキサンダーに花びらが落ちる。
彼はバビロン市民に寛大な政策を行い(特に宗教的寛
容だったといわれている)、熱狂的な歓迎を受ける。
ペルシアの王族にも王族としての振る舞いを許す(ダ
レイオスの長女と最初の結婚をしたといわれるが、そ
のシーンがなくこの映画ではこの説をとってないよう
だ)。
 やがて、山岳に逃げ込んだダレイオスの追跡が始ま
る。途中で山岳民族の娘と結婚をするのだが、そのあ
たりから部下達との折り合いが悪くなる。
死体となったダレイオスを発見し、残党を駆逐すると
インドへの遠征となる。インド遠征はアレキサンダー
の唯一の失敗とされている。
映画は最後に語り手のプトレマイオスの言葉で終わる。
彼の死の「真実は我々が彼を殺したということだ。・」
***
アレキサンダーにとってアジアへの遠征は自分の限界
への挑戦だった。
彼は征服した土地に自分の都市アレクサンドリアを次
々に建設し、年老いた兵達に支配を任せていった。
文化、哲学をアリストテレスのような先生にきちん
と習わないとわからないが、アレキサンダーはギリ
シアの文化、哲学を世界中に広めて自分達の香を漂
わせたかったともいえる。
彼はギリシアと異民族を融合し、精神的支配を望んで
いた。しかし「アレキサンドリアは支配そのもの」で
あり、「融合に失敗した」。
戦いの中で彼は死を常に意識した。彼には「死が訪れ
た時、何をしたが問題」だった。
彼の死の原因の事実は病気による衰弱だったが、真実
はかっての友人たち、周辺の人々が殺したということ
である。これは周辺の人々が毒殺したということでは
ない。彼の(若さゆえの?)無謀を許し、止めなかっ
たことが死の本当の理由なのだ。
それはオリバーストンの現代のアメリカ市民への問い
かけなのである。もちろん、ギリシア=アメリカであ
る。
大統領の本当の支持者、友人だというなら間違ったこ
とは止めなければならない、許してはならない、と言
っているのではないだろうか。
それは日本でも同じことといえるのではないだろうか。
***
研究書
「アレキサンダー大王--陽炎の帝国」
N.ニカストロ、楡井訳 、清流出版 、2005年2月発行
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31494697
研究サイト 日本で適当なものがない。
入門
http://www.pothos.org/alexander.asp?paraID=88
専門的
http://www.livius.org/aj-al/alexander/alexander00.html
http://www.e-classics.com/ALEXANDER.htm
アリストテレス
入門書 ソクラテス、プラトン、アリストテレスの
順番で学ぶ。アレクサンダ−は恐らくこんな感じで
学んだだろう。アリストテレスも自分の哲学だけを
教えたのでない。*)
「古代哲学」ジュリア・アナス、瀬口訳、岩波書店、
1470円、2003年9月。
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31433006
「通読ギリシア神話」尾形隆之介、東京図書、
 2004年、1995円。
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31466146


| | Comments (27) | TrackBack (1)

February 08, 2005

ショコラ

世の中はバレンタインデーのようなので、バレンタインデーの歴史
的探究と思ったが、またまた読者のかたを興醒めさせそうなので、
チョコレートにちなんだDVDを紹介しようと思う。
「ショコラ」2000年アメリカ映画
ジャンルはファンタジー、ロマンス
監督 : ラッセ・ハルストレム
製作 :デイヴィッド・ブラウン他
製作総指揮 : ボブ・ワインスタイン
原作 :ジョアン・ハリス
主演:ジュリエット・ビノシュ(ビアンヌ:チョコレート店長)
ジョニー・デップ(ルー:ジプシーの長)
ジュディ・デンチ(アルマンド:村の老女)
レナ・オリン(ジョゼフィーヌ:村の婦人)
アルフレッド・モリーナ(レノ伯爵)
キャリー・アン・モス(キャロライン)
DVD/121分
アスミック3990円
物語
美しい運河と小道に包まれたフランスの田舎の小さな村が舞台
である。この村にはかっての日本の村落のような封建的な因
習に根ざしていた。その村にある日、不思議な女性・ヴィア
ンヌと娘アヌークがやってきてチョコレート店を開く。この
二人は次々に村の因習をやぶってしまう。村の人々はそんな
二人に訝しげな視線を向けるが、そのチョコレートの美味し
さに見せられてしまう。そのチョコレートを食べると因習か
ら解き放たれ、自由に情熱的に生きるようになる。
そのチョコレート店にはやがて、ジョゼフィーヌが加わる。
そのころ、運河にジプシーの船がやってくる。ビアンヌはそ
の中のルーにひかれ恋に落ちる。ルーも店に加わる。しかし
村の人々はジプシーに対して嫌悪感を持つ。それは船への放
火によって頂点に達するが・・・。
***
不思議なチョコレートの魅力を象徴的に描いたこの作品は、
やはりゴシックロマンスに属するのだろうと思う。仕事の
疲れを癒してくれるような心和む一作ではある。
ともかくフランスの郊外の映像が美しい。
私も何枚かはフランスの郊外を油彩で書いたことがあるが、
どの場面も書いてみたくなるような感じである。
フランス語でなく英語なのが少しミスマッチのような気がす
る。
少し甘いフランスのチョコレートとストレートのフレンチコ
ーヒーで味わいたい作品である(カフェオレだと体重が増え
そうではある)。
**
そもそもバレンタインデーが愛の日だとするならチョコレート
を相手に送るのは的を得たことなのかも知れない。相手の人
(男性)を因習、古い倫理から解き放ち、自由と情熱へと導く
のだから(しかし、危険な場合もあるわけで・・^^;).
DVD
「ショコラ」
アスミック
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=vd&cf=0&id=117949
チョコレート
http://shopping.yahoo.co.jp/fair/valentine2005/index.html
マキシム
http://maxims.jp/index.php4
もちろん、おじさんの私は貰えるのは義理チョコの「明治」
である。ヨーカ堂ブランドという節もあるが・・。

| | Comments (41) | TrackBack (1)

February 06, 2005

「草の乱」

「草の乱」
http://www.kusanoran.com/top.html
2004年日本映画/草の乱製作委員会
「秩父事件」120周年記念映画。事件の再現を行った映画
でドキュメンタリーに近い。自主映画としては逸出来だが、
見る人の立場によって評価は別れるところである。
***
監督/ 神山征二郎(「郡上一揆」で知られる)
製作総指揮… 砂村惇
製作/ 木原正敏、川嶋博、舟橋一良
脚本/ 加藤伸代
音楽/Deep Forest(フランス)&Lyrico
井上伝蔵/緒形直人(困民党会計長)
こま/ 藤谷美紀(秩父時代の井上の妻)
高浜ミキ/田中好子(北海道時代の妻)
田代栄助/ 林隆三(困民党総理)
加藤織平/ 杉本哲太(困民党副総裁)
山県有朋/ 原田大二郎(政府内務大臣)
伊藤博文/ 山本圭(政府総理大臣)
後援
埼玉県 秩父郡 吉田町、埼玉県、秩父市、荒川村、大滝村
小鹿野町、長瀞町、皆野町、東秩父村、横瀬町、両神村
寄居町
文化庁
***
この映画は1918年(大正7年)の北海道での井上伝
蔵の回想で物語が進行する。
1883年(明治16年)秋、秩父郡下吉田村。
蚕を飼い生糸を売って暮していたが、時の政府の緊縮・
増税の経済政策によっていわゆる「松方デフレ」が生じ、
生糸の価格は下落、村民たちの生活は窮地に追い込まれ
ていた。
そんな時、自由民権運動はこの地方でも広まりをみせ、
自由党の大会には多勢が詰めかけた。自由党とは「板垣
死すとも自由は死さず」のことばで知られる板垣の結成
した政党で、村民は「困民党」という名でこの地域の支
部をつくった。そうして警察署、高利貸しへ請願・交渉
を再三行なうが、相手にされなかった。田代栄助を総理
とする困民党は、自分達の請願を実現するには政府を打
倒するしかないと、命を懸けた武装蜂起を計画するに至る。 
11月1日の夕刻、吉田町椋神社で篝火を焚き、蜂起
ののろしを上げる。
「恐れながら天朝様に敵対するから加勢しろ」
8000人以上がこの蜂起に加わった。11/9に
は壊滅。
有罪判決を受けた者3,390余人(井上、田代ら12名
が死刑死刑ないし無期懲役〉、官憲の調書に名を残し
た者4,200余人。
***
この映画ではこの時代の状況に近付きつつある現代
の人々に高揚したエネルギー、それと、より良い未来をめ
ざした精神をうながしている。
***
「草の乱」オリジナルサウンドトラック
Deep Forest&Lyrico、Idea&Alfa、2625円。
Lyricoのソプラノの声は余韻が残る。
サウンドトラックは90点近い出来だと思う。
***
秩父事件の研究サイト
秩父事件は戦前においては「秩父暴動」「秩父
一揆」という見方がされていて、事件の概要は
隠されいまだに不明な部分が多い。
吉田町の公式ページ
http://www.town.yoshida.saitama.jp/jiken01.html
個人の研究ページ
http://www.kumagaya.or.jp/~yasutani/ccbziken/index.htm
***
法律問題
この映画での困民党の人々の罪名は刑法上の「内乱罪」と思
われる。刑法は基本的には変わってない。
第七十七条 国の統治機構を破壊し、又はその領土において
国権を排除して権力を行使し、その他憲法に定める統治の基
本秩序を壊乱することを目的として暴動をした者は、内乱の
罪とし、次の区別に従って処断する。
一 首謀者は、死刑又は無期禁錮に処する。
二 謀議に参与し、又は群集を指揮した者は無期又は三年以
上の禁錮に処し、その他諸般の職務に従事した者は一年以上
十年以下の禁錮に処する。
三 付和随行し、その他単に暴動に参加した者は、三年以下
の禁錮に処する。
2 前項の罪の未遂は、罰する。ただし、同項第三号に規定
する者については、この限りでない。
(予備及び陰謀)
第七十八条 内乱の予備又は陰謀をした者は、一年以上十年
以下の禁錮に処する。
(内乱等幇助)
第七十九条 兵器、資金又は食料を供給し、又はその他の行
為により、前二条の罪を幇助した者は、七年以下の禁錮に処
する。
(自首による刑の免除)
第八十条 前二条の罪を犯した者であっても、暴動に至る前
に自首したときは、その刑を免除する。

国家統治機構の不法な変革を目的として暴動をなした際に適
用される。暴動は多数のものが結合して暴行・脅迫を行い、
その地方の平穏を害する程度に達することをいう。一地方の
平穏が害されれば既遂となる。内乱罪は未遂もはじめ、内乱
の準備運動や計画をする陰謀も罰せられ、あらゆる場合の幇
助(助力)も罰せられる。
「刑法各論」前田、東大出版会参考。

しかしながら、封建的色彩の強い旧憲法下で「秩父事件」は
生じたので、少なくても現行憲法からは憲法理論上の「抵抗
権」の行使と考えられなくもない。
だが、明確な法文がない為、難しいところである。

| | Comments (35) | TrackBack (3)

February 04, 2005

愛と哀しみの果て

「愛と哀しみの果て」--Out of Africa
1985年アメリカ映画
1986年アカデミ−賞7部門受賞
デンマークの女性小説家アイザック・デイーニセンの自伝的小説
「アフリカの日々」をシドニー・ポラックが映画化した。ジャ
ンルは恋愛ものだろうか。恋愛+大河+アフリカ紀行という感
じ。
少し長いのが難であるが、連休などに見る価値がある。90点
コーヒー党、コーヒーのプランテーションの研究者、先物取引
者も必見か?
監督/製作: シドニー・ポラック
主演: メリル・ストリープ(カレン)
   ロバート・レッドフォード(デニス)
DVD / 161分
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
4,179円
原作:「アフリカの日々」、アイザック・デイーニセン、横山訳、
晶文社、1981年。
原作もアメリカでは小説に出てくるほど人気がある(確か「ライ
麦畑で捕まえて」だったと思うが)。
***
物語
映画は冬のデンマークから始まる。カレンはスエーデンの二人の
兄弟を知っていた。兄とは恋人で弟とは友人だったが、彼女は弟
のブロルと結婚することにする。
場面が東アフリカの広大なサバンナの平原に変わりクレジットが
流れる。東アフリカのケニア、1913年・・。彼女はケニアの
ンコングに5000エーカーのコーヒーの農園を持っていた。

広大な平原を彼女のチャーターした蒸気機関車が家財を載せて進
んでいく。途中で象牙商人デニスに汽車を止められ象牙の運搬を
頼まれる。デニスは象の狩猟者で象牙商人でもあり読書家だった。
ンコングに着いて歓迎を受けると1時間後にブロルと結婚式をす
る。
夫のブロルとは最初から経済計画のことで揉める。本来は牛を飼
う予定だったが、彼は勝手にコーヒー栽培に変えてしまったのだ
った。コーヒーは前もってブロルが買っていた高地の土地には不
向きで収穫まで4年ぐらい必要だった。後に彼女のもとで働くキ
クユ族も「高地ではコーヒーは育たない」と告げる。
持ってきた家財のひもをほどくと彼女は栽培を始める。
昼は農園の視察、夜は読書の日々が続く。夫は非協力的で長期間
狩りにいってしまう。
彼女が空いた時間にサバンナに出かけるとライオンに遭遇する。
そんな時、デニスがあらわれる。彼女は九死に一生を得るのだっ
た。
デニスは彼女に言う。
「危険を犯すなら責任も自分で取るべきだ」
ンコングに渡った彼女にとって交遊の相手は現地のイギリス人達
だった。その人々は物語が好きで、デイナ−のあとでみんなで創
作しあう。
カレンは物語りが上手で中国人の物語を延々とかたる。デニスを
はじめ、一同は聞き惚れる。
やがて、そんな地域にも第一次世界大戦の波がやってくる。ドイ
ツ領アフリカまでわずか320キロの距離である。男達はブロル
もデニスも出兵する。
カレンも食料を苦難の末とどけたりして協力する。戦前のアフリ
カでは牛と馬が運搬の担い手だった。
そんななかで彼女は梅毒を発症する。ブロルに移されたのだった。
当時はまだヒ素ぐらいしか有効な薬がなかった。彼女はデンマー
クにかえり治療を受ける。
戦争が終わり、男達も彼女もかえってくる。彼女は全快したが不
妊症になる。
戦争では死の別れを経験しなかった彼女だったが、その後哀しい
別れを経験する。
***
メリルストリ−プが少し年老いて覚めた結婚をする点が残念である。
スターウオーズエピソード2を観てからみたので気になった。アナ
キンの相手の王女様ぐらいの方が個人的にはよい。少し脱線した。
それでー10点。
****
現在、生家が博物館となっている。デンマーク旅行のついでにい
かがだろうか。
http://www.stb-asia.com/html/ti/aa7.html
いけない人はサイトで
http://www.isak-dinesen.dk/
英語でも読める。
http://www.isak-dinesen.dk/engelsk/default.html

アフリカにという方は下記の旅行社が専門で詳しい。
http://www.jnt.co.jp/area/e-africa/
ケニアといえば最近、タンザニア難民の流入問題などがある。
ワンガリ・マータイ副環境相(64)が、2004年の
ノーベル平和賞を受賞したことも話題だろう、

| | Comments (59) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »