« February 2005 | Main | April 2005 »

March 28, 2005

カンフーハッスル

カンフーハッスル
2004年中国(香港)映画/お笑いアクション
「少林サッカー」で知られるチャウ・シンチーの娯楽・ア
クションもの。気分転換に最適である。娯楽ものとしては
よくできているのだろうと思う。しかし、出てくる業は多
く、通にもある程度は受けるだろう。  70点
配給/SPE
監督/チャウ・シンチー
製作/ジャフ・ラウ
公式ページ
http://www.sonypictures.jp/movies/kungfuhustle/
(クリック回数はマグナム級だった(^^);;
***
時は中国の文明改革の時代で、街(おそらく香港だと思う)
は斧頭会という暴力団組織に牛耳られていた。強い男になり
たいと願っているシンはその組織の一員になりたいと憧れる。
しかし、ある日、シンはあるアパート(「豚小屋砦」)で強
盗をしようとするが、そのアパートの住人たちはみんなつわ
もの強いである。シンはおばさまに簡単にやられてしまう。
彼ばかりか斧頭会の組員も簡単にやられてしまう。
そのアパートにはカンフーの達人が住んでいたのだった。

斧頭会の会長サムはやっきになり、次々に武術の達人を送り込
むがやられる。
***
日本の「ストリートファイター」感覚で映画は進むが、ありえ
ないシーンで観客をわかせる。
***
少しまじめな展開をする。
中国というとカンフーだが、正直ってこの路線の流派には
感心しない。この映画にも恐い暴力シーンがある。中学校
の友人たちも体力を付け、護身をするといって空手などの
武道に入門したがほとんど『斧頭会』のタイプになってい
た。先攻型の武道は若い世代は魅惑的だが、ダークサイド
に移行する危険性も高い。
浪人した時、運動の為に怪し気な?ヨガ道場の長に少林寺
を習ったが身につかず、今は大極拳好きである(趣味、雑
学の類)。
太極拳とは古来からある鶴、猿、熊、鹿、蛇の5つの
動物の動きを取り入れた「五禽戯」武術の一つの流
れで、中国でポピュラーな陳式太極拳は1600年代に
陳家の陳王廷によって完成された武術で、理論を「太
極拳論」においていたので太極拳という名前になった
とされます。
同理論は東洋医学と武術がまとまったものです。気(功)
の訓練にもなり、健康、集中力の他、治癒力なども得ら
れるらしい。
名著は以下の笠尾先生の本である(少し、陳式とは異なる
点もある)。
「太極拳の楽しみ方」笠尾恭ニ、土屋書店、1994年、
1240円
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4806905410.html
独習の場合、なかなか本だけでは身に付かないがDVDとい
う強い味方がある。
「陳式太極拳簡化24式」BADジャパン、1993年、
                   5500円。
私は気は多少使えるかもしれないが、この中高年用のバージ
ョンを何とか舞える程度。
***
最近ではネットでも紹介されている。
教室の他、各種教材も発売されている。
http://taiqi.net/
ここの流派は陳式太極拳は簡化36式で上記のものよりも少
し難しい。呼吸と動作の一致が難しい。
基本的には太極拳は多数で演舞する方がよい。外効といって
他人の良い気をえることができるとされるからである。
そして他人に(良い)気を与える程、その力は無限大になる
とされている。
(与える程、恵まれる)
結局、こういうものは宗教的?思想がないとダメといわれる。
そして、気の良い師を利用すると良くないといわれる。
気については岡山大学医学部出身の篠原先生の本を参照。
「快癒力」他
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=30686237


| | Comments (30) | TrackBack (1)

March 27, 2005

ラストサムライ、DVD

先行ロードショウを観てからかなりの月日がたった。
DVDにもなったので解説する。桜の季節にふさわしい映画
である。この映画は(アメリカ人の考える)「武士道」を
テーマとした仮想歴史ものである。以前にくらべればアメ
リカ人の日本理解は深まっているが、それでも紋切り型を
拭えなく、評価は分かれると思う。
最近はギリシア衣装でテレビのCMにも出演している小雪さ
んが印象的で、CGで再現された当時の横浜なども美しいが
・・。
70点。
公式サイト/  http://www.lastsamurai.jp/
2003年アメリカ映画、ワーナー・ブラザース配給
ジャンル/歴史映画だが、ifもの(仮想物)
監督/エドワード・ズウィック
脚本/ジョン・ローガン、エドワード・ズウィック、
   マーシャル・ハースコビッツ
主演/ トム・クルーズ:オールグレン大尉
ティモシー・スポール:サイモン・グレアム
ビリー・コネリー:セブロン・ガント
トニー・ゴールドウィン:バグリー大佐
渡辺謙:勝元
真田広之:氏尾
小雪:氏尾の妻
中村七之助:明治天皇
***物語
時代は明治維新直後の日本である。明治政府はいわゆる「復国
強兵」政策のため、欧米の列強から指導者を招聘する。そのな
かにアメリカの南北戦争の英雄ネイサン・オールグレン大尉が
いた。冒頭の場面でもあるが彼は南北戦争と先住民(インデイ
アン)の殺戮で人生に失望し、新しい境地を求めていたのであ
る。
彼は明治政府軍に西洋式の銃や大砲の扱い方を教えるために来
日した。政府軍は徴兵された農民を中心とした庶民で銃の使い
方をはじめ戦い方に無知でその基盤が脆弱だった為である。
当時、政府はまだ全権を把握してなく、地方では「サムライ」
が反旗を翻していた。勝元盛次もその一人だった。
オールグレンは将校として早速出陣する。しかし、勝元軍は実
戦で培われた気迫と士気で政府軍を圧倒し、オールグレンは捕
虜となる。勝元の国は降雪し、彼は閉じ込められる。
そのオールグレンを身の回りの世話するのが、彼が殺した氏尾
の妻(小雪)である。
彼は最初は勝元に反発するが、やがて自分にはない何かを見い
出す。それが「武士道」だった。そして友情に結ばれる。
しかし、「花」季節になると政府軍が新兵器を携えやってくる。
***
最後は花と散る訳だが、どうもこのシーンは肌にあわない。
貴重な兵力の浪費である。
**
「武士道」について
新渡戸稻造、 著櫻井鴎村 譯がサイトにある。
脚本は一応目を通してあると思う。
http://f22.aaa.livedoor.jp/~kugatu/
明治になってから書かれたものなので、本当の武士道なのかは
評価はわかれると思われる。
本:岩波書店
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/33/7/3311810.html
***
季語で「花」といえば桜を意味する。今は里桜のソメヨイヨシ
ノが代表だが昔は山桜をさした。
お花見の歴史
平安時代から貴族の間に屋敷に山桜を植える習慣が芽生えた。
その代表が京都御所の「左近の桜」である。ソメヨイヨシノ
は短命だが山桜は長命である。
御所の「左近の桜」は枯れたが「アトリエ海夢」サイトに名
残の花の画像が納められている(禁転載)。
http://www.h3.dion.ne.jp/~umiyume/siki-haru1.htm
「春高楼の花の宴」と『荒城の月』と歌われているように
室町、戦国時代から大規模に行われるようになった。
庶民の間で一般化したのは江戸時代になってからである。
参考サイト 
http://kyoto.nan.co.jp/knowledge/hanami.html
@niftyでお花見の特集をしている。
http://travel.nifty.com/special/sakura2005/
花見にいけない方はパソコンの画像でどうぞ、とのことで
ある。
桜の壁紙
http://www.nifty.com/kabegami/special/sakura2005.htm


| | Comments (25) | TrackBack (0)

March 19, 2005

ファントムオブオペラ(音楽)

「オペラ座の怪人」(オリジナルサウンドトラック)
映画は私の書き込みを参考。
(The Fhantom of The Opera)
サンプルが下記公式サイトにある。
http://www.opera-movie.jp/
***
CD紹介
http://www.sonyclassical.com/
http://7andy.yahoo.co.jp/cd/detail?accd=C0000965
私が持っているのは1枚組のバージョンである。2枚組の
場合のNO1デスクになる。
「オペラ座の怪人」は劇場版ではどちらかというと舞台や
キャストの演技の方に感激するのだが、この映画の場合は
音楽のウエイトが高い。これはもちろん、21世紀のモー
ツアルトとも云われるアンドリュ−・ロイド・ウェバーの
功績だが、エミー・ロッサムをはじめとするキャストの美
声によるものでもある。
フルオーケストラによるこのサウンドトラックを家で聴け
ることは光栄である。
しかしながら、あえて云うとかなりハリウッド的な味付け
である。オリジナルの「オペラ座の怪人」はもう少し不健
康な感じがする。
1.OVERTURE /オーヴァチュア
2. THINK OF ME/シンク・オブ・ミー
3. ANGEL OF MUSIC/エンジェル・オブ・ミュージック
4. THE MIROOR/ザ・ミラー
5. The Fhantom of The Opera/オペラ座の怪人
6. THE MUSIC OF NIGHT/ミュージック・オブ・ザ・ナイト
7. PRIMA DONNNA/プリマドンナ
8. ALL I ASK OF YOU/ オール・アイ・アスク・オブ・ユー
9. ALL I ASK OF YOU/(リプライズ)
10. MASQUERADE/マスカレード
11. WISHING YOU WERE SOMEHOW HERE AGAIN
/もう一度姿を現して
12. THE POINT OF NO RETURN/ ポイント・オブ・ノー・リターン
13. DOWN ONCE MORE/TRACK DOWN THIS MURDERER
地下へ再び/追跡
14. LERAN TO BE LONLY
/ラーン・トゥ・ビー・ロンリー(ミニー・ドライバー)
(Total time 63'34)
***
私が気に入った曲目
1.多くの人が予告編でもお馴染みの「オペラ座の怪人」のテーマ
 パイプオルガンが主題を力強く導き、オーケストラが奏でる。
2「オペラ座の怪人」の日本サイトにも収録されているエミー・
ロッサムの独唱。彼女の役のクリステイーヌはこの歌でプリマ
 ドンナなに選ばれる。
5「The Fhantom of The Opera」がダントツに良い。オーヴァ
 チュアのテーマにエミーロッさムと怪人のゲラルド・バトラー
 の音声が乗るのだがこれがなんとも美しいハーモニーである。
 解釈はアメリカ的でデイスコミュージックのような味付けが
 されている。 クラブなどでも流せるのではないか。
7この曲はエミーロッサムの歌と解説されているが、恐らくマー
 ガレットプレースの歌ではないだろうか。
14案外見落とされているのがエンドタイトルの際、流れる
ミニー・ドリバーの「LEARN TO BE LONELY」である。
優しいポップスのバラードである。突然、純粋のアメリカ的
世界に戻される。
彼女も怪人の仕業でプリマドンナを下ろされるカルロッタを
演じている。しかし、声がアルトで低いせいか、歌声はマー
ガレット・プレースが吹き替えている。
***
フランスの「オペラ座の怪人」
サイトを観るとわかるようにもっと前衛的と云うか、怪奇
的な感じの解釈が施されている。ガストン・ルルーなどの
解説もある。
http://mapage.noos.fr/lefantomedelopera/
原作
http://www.livres-online.com/Le_Fantome_de_l_Opera--43.html
***
やはり、家庭の音響機器では役不足と云う感じのCDである。
場所にもよるが劇場での音響は素晴らしい。この作品は得に
感性に官能的に訴えるものである。パリオペラ座以上のもの
を味合うことができる。劇場の6、7割は若い女性でほとん
どコンサート会場のように高揚感に目を潤ませていたと思う。
美しい夢の世界の再現である。

| | Comments (77) | TrackBack (0)

March 13, 2005

デイ・アフター・トウモロー

「ザ・デイ・アフター・トウモロー」DVD
アメリカ映画/2004年5月/124分
「インデペンデンス・デイ」のローランド・エメリッヒ
による近未来SF映画。ブッシュ政権の京都議定書批准拒
否の批判ともなっている。少し、不自然な設定(服装他)
があるが、その思想性は高いと思う。  80点
公式ページ
http://www.thedayaftertomorrow.com/
日本版のページが非常に優れている。サイト構築の先端
を見るようである。
ヤフーによる紹介
http://event.movies.yahoo.co.jp/theater/dayaftertomorrow/
***
監督/ローランド・エメリッヒ
主演/デニス・クエイド:ジャック・ホール(気象学者)
   ジェイク・ギレンホール:サム(学者の息子)   
   エミ−・ロッサム:ローラ(サムの恋人)
   オーランド・ブルーム(政府顧問)
映画の冒頭、古代気象学者のジャックが南極大陸の氷原の
調査をしている。突然、氷原に裂け目が入り海面が姿を現
わす。そのころ、地球の上空ではNASAの気象衛星が南太
平洋の巨大台風を観測を行っていた。台風は異常なまでに
巨大化していく。
そのころ、日本では巨大な氷がふり、インドに雪が舞う。
雪のニューデリーで地球温暖化会議が行われ、京都議定書
の検討が行われている。そこでジャックは地球の急速な寒
冷化を指摘するが、アメリカの副大統領は経済への影響を
第一に考え一蹴する。
マサチューセッツ州沖の一つのブイからアラームが受信
される。一晩で水温が7度近く急落したことを知らせて
いる。はじめは故障かと思われたが、複数に及び危機的
な現象であることが判明する。これはやがて全世界を襲
うスーパーストームの予兆だった。地球温暖化が海流に
与える影響により、スーパーストーム(超大型の嵐)が
起こり、地球は新たな氷河期に突入するわけである。
NYでは鳥達は空一杯に広がって南に向かって飛び立って
いく。ロサンゼルスでは大きな竜巻きが起こり都市を破
壊する。
サムとローラがNYでの高校生の学力クイズコンテストを終
えると温暖化現象によって上昇した海面が津波となって
襲ってくる。NY図書館に逃れる。やがてその後のスーパ
ーストームで氷結。
***
DVD
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=vd&cf=0&id=359941
原作
「デイ・アフター・トゥモロー」アートベル他、倉田訳、
メディアファクトリー 、2004年04月、610円。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4840110522.html
かなりジャーナリステックだが研究書を元に書いている。
ただ、事実無根ではないが、スーパーストーム、瞬間冷凍説
は少数説である。
***
地球温暖化現象
地球温暖化現象は1980年代以後確実に観測される
ようになった。
映画のサイト(ヤフー版)にも以下の4つ証拠がある。
http://event.movies.yahoo.co.jp/theater/dayaftertomorrow/note/
日本でも酷暑に台風と厳冬などの現象が起きているのは
いうまでもない。今年も異常気象だろう。
環境庁のページ 京都議定書も訳されている。
http://www.env.go.jp/earth/cop3/
東京大学の関連ページ
http://www.ccsr.u-tokyo.ac.jp/jondanka/nisseikisi.shtml
断熱材のメーカーのページ
http://www.sotodannetsu.com/ondanka.html
****
エミ−・ロッサムがともかく印象的だった。
でも、「オペラ座の怪人」のように歌声は披露しない。

| | Comments (78) | TrackBack (0)

アトランテイスのこころ

「アトランテイスのこころ 」DVD
http://www.warnerbros.co.jp/atlantis/
最近、検索などでも内容が分からなくなってきたので
あげておく。アメリカ人は理解できなく興業成績は悪
かったが、傑作である。90点芸術派の少年時代物で
ある。「スタンドバイミ−」の路線だがESP(超能力)
という題材が加わっている(少年時代の想像力ともい
える)。
***
監督:スコット・ヒックス
脚本:ウイリアム・ゴールドマン
原作:ステイ−ブン・キングス
CAST
テッド・ブローテイガン/アンソニー・ホプキンス
ボビー・ガ−フィールド/アントン・イエルチン(少年)
            デイビッドモース(大人)
キャロル・ガ−バー/ミカ・ブレ−ム
***
映画は2000年からの1960年の回想形式である。
子供時代の友人サリバンの葬式に老人となったボビー
が出る経緯から映画が始まる。幼な友達のサリバンの
使っていた遺品グローブを眺めながら振り返る。

幼いころ父を亡くし、ママと二人で暮らす11歳のボ
ビーがいる。ボビーはちょうど誕生日でママから公営
図書館のカードだけもらう。亡くなった父の性格の問
題やママの派手好きもあり貧乏暮らしである。
誕生日にテッドはキャロルやサリー(バン)と3人で
遊びに行く。
その夏、彼の家の2階の住人として初老のテッドがや
ってくる。静かで知的なテッドは不思議な力を持って
いた。ボビーはその力に触れ、テッドと心のふれあい
を持つようになる(そしてボビーもその力に目覚める)。
テッドはボビーが自転車が欲しいのを知っていて、新
聞の読み上げと「奴ら」の監視を条件に週1ドルのア
ルバイト与える。また本には純金の価値があることを
教えたりする。
やがて「奴ら」が近付いてくると大きな危険が身近な
人々に迫ってくる。テッドは神癒などでその問題を解
決していくが、やがて彼の身にせまり、ボビーも不思
議な力を出して立ち向かう。・・
***
「奴ら」は監督自身がいうように「レッドパージ」に
超能力者を用いたとされるFBIでもあるし、マフィア
でもあるし、悪い政治家でもある。また、禿鷹ファン
ドや仕手筋なのかもしれない。
しかし、この映画の超能力は多感な少年の夏の幻とも
解釈できると
思う。この映画の主題は「記憶」と時間である。
DVD
特別版には映画の進行させながらの監督の解説がある。
http://store.yahoo.co.jp/neowing/hs-22081.html

ステイ−ブン・キングスは最近では「グリーンマイル」
で知られる。映画は原作をかなり拾捨選択している。
原作ではテッドはエイリアン
http://esbooks.yahoo.co.jp/books/detail?accd=30952890
アンソニー・ホプキンス
http://www.vigs.com/movie/actor/dat0152.htm
***
ヨタ記事
わたしの雨の日の夏休み(冬休みだったかな)
この映画のテーマは監督もいうように「記憶」と時間だ
が、超能力の身の付け方というヨタ解釈もなりたつ。
私も映画でも暗示されているように小学校高学年の頃、
トランプを用いた超能力の訓練をしたことがある。
良く研いたトランプを何枚か抜いてその種類と数字を
当てるというものである(汚れたものは汚れを覚えて
しまうのでだめ。手品用のものももちろんだめ)。
「神経衰弱」を毎日やれば良い訳である。
こういうのは受験勉強と同じで毎日やってないと衰え
るともいわれている。現代ではエクセルでデータをと
るといいかもしれない。
アメリカは公式にはあまり肯定してないが研究は盛んの
ようである。かってはコロンビア大学、最近ではデユー
ク大学で研究されている。この辺は科学の問題だろう。

| | Comments (18) | TrackBack (0)

March 12, 2005

ロング・エンゲージメント

「ロング・エンゲージメント」2004年ワナ−製仏映画
R15指定
公式ページ
http://long-eng.warnerbros.jp/
第一次大戦期のフランスを部隊としたミステリーロマンス
戦争映画とミステリーが一緒になったような感じの映画で
ある。冒頭を除いてヒロインのマチルドの視線から描かれ
ていてホームドラマの雰囲気を漂わせる部分も多い。R15
だが激しい愛欲のシーンはなく、戦場や大戦後のシーンに
リアルな射殺のシーンやギロチンによる暫首がある為だと
思われる(立場をあえて言うと反戦、反死刑制度である)。
ハリウッド映画の路線が好きな人には物足りなさを感じる
かも知れないが、往年の芸術派「映画」が好き、という方
には向いている。フランス語の勉強にもなるだろう。 
少し時間が長い点と「愛」の表現が地味なのがマイナス
で80点。
「愛の直感は奇跡を起こし」ふたりをめぐり合わせ、幸福
へ導く。
***
監督/ジャン=ピエール・ジュネ
美術/アリ−ヌ・ボネット
脚本/ギョ−ム・ローラン
原作/セバスチャン・シャプリゾ
「長い日曜日」、田部訳、創元推理文庫、2005年3月。
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31492728
公式ページ
http://www.tsogen.co.jp/wadai/0501_04.html
主演
オドレイ・トトウ/マチルド(ヒロイン)
ギャスパー・ウリエル/マネク(ヒロインの婚約者)
ジャン・ピエール・ベッケル/エスペランザ
ドミ二ク・ベテンフィールド/アンジェ・バシニャーノ
シャンタル・ヌ−ヴェル/ベネデクト
***
映画冒頭で泥水に埋まった長い塹壕を憲兵に連れられた
5人の死刑兵が進んでいく。その中にはまだ少年の面影
を残したマネクもいる。その5人は前線で自分の指を意
図的に落として敵前逃亡に問われる。
オムニバス形式でそれぞれの生涯が回想される。どの人
間もごく普通の生活をしていた市民ばかりである。

マチルドは戦争に行った婚約者マネクのことを毎日思っ
ている。そんな彼女にマネクが軍法会議にかけられ塹壕
の前で死んだとの通知が入る。戦争は間もなく終わり、
彼女は婚約者は死んでないという自分の直感(六感)を
信じて、私立探偵を雇い婚約者の調査を始める。彼女も
一人一人の死刑兵の周りの人間を訪ねていくとマネクの
の死を目撃したものは誰もいないことが判明し、生存の
期待を抱きはじめるのだが・・。
マチルダはまだ20歳そこそこで少女期の病気から足に
障害を持っているのだがけして諦めない。けなげに調査
を続けていくと自分の知らない戦争の醜さに気付いてい
く。
***
セバスチャン・シャプリゾはフランスでは有名な推理小
説家なので本来的には女子学生向でもあるのだが、映画
は日本ではR15指定の大人向きとなっている。言葉はホ
ームドラマ的というかコメデイぽいところもあるのだが、
ともかく映像はハードボイルド。
戦争映画の新しい路線なのかも知れない。

| | Comments (74) | TrackBack (1)

« February 2005 | Main | April 2005 »