« July 2006 | Main | March 2007 »

October 21, 2006

「美しき日々」

「美しき日々」(Beautiful Days)
http://www.vap.co.jp/beautiful/index.html
http://www.vap.co.jp/beautiful/story_a.html
韓国語の勉強に「美しき日々」を見ている。NHKでは吹き替えだが
GyaOのは字幕である。24日までは1~2話
http://www.gyao.jp/
「2001年3月から5月に韓国で放送された正統派ラブ・ストーリー。
心に傷を負った4人の若者たちのさまざまな愛の形をダイナミッ
クに描いた全24話のドラマ」。1話と24話が一番良い。ただ、
24話の演技には足りないものがある。死はもっと悲しいし、奇跡
はもっと嬉しい。
 脚本にキリスト教福音主義の信仰が見られる。それというのも
韓国では30%以上がキリスト教徒なのである。特に真ん中より
も上の人々が多い。貧困の問題が取り上げられるのもそんな影響
だろうか。日本よりも短期的に先進国に仲間入りした韓国には深
刻な格差社会があるのは事実である。
 しかし、私が公立中学に入った頃は日本にも第1話のようなグ
レーな世界が展開していた。
 第一話ではクリスマスのときにヨンスがセナの肩にやかんの熱
湯を浴びせてしまいケロイドを残してしまう。それに対して一生、
償うからという台詞があるし、第2話の不良(娼婦?)となった
セナとヨンスの出会いにもある。もっとも一番強いのは24話の
病のヨンスに起きた(現代的意味での)奇跡だろう。
 しかし、基本的にはセンチメンタルで美しいドラマである。チ
ェ・ジウの演技が非常に優れているが、イ・ビョンホンはこのド
ラマの演技で地位を確立した。
私は「冬のソナタ」ぺ・ヨンジュンよりもイ・ビョンホンの多少
きざな演技の方がすきである。リュ・シウォンの演技もなかなか
だと思う。ドラマの中ごろでキーボード弾くシーンがあり、私は
この人がZEROだと気がついた。タッチが演技でない。
 ドラマの冒頭に流れるシーンのカットと主題歌は最高である。
2001年韓国ドラマSBS製作
脚本:ユン・ソンヒ
演出 :イ・ジャンス
企画: パク・ヒソル
プロデューサー :キム・グァンイル他
撮影 イ・ヨンチョル、イ・サンウク
音楽 チェ・ギョンシク
主題歌:リュ・シウォン(ZERO&ソンジェ役)
主演:
イ・ミンチョル:イ・ビョンホン(ビクトリーレコード室長)
キム・ヨンス:チェ・ジウ(ビクトリーレコードアルバイト)
イ・ソンジェ:リュ・シウォン(ミンチョルの異母兄弟、医大生)
キム・セナ:イ・ジョンヒョン(ヨンスの妹で歌手の卵)
イ・ソンチュン:イ・ジュンキル(ビクトリー社長ミンチョルと
                (ソンジェの父)
***
第1話
1975年の韓国レコード大賞のシーンである。創成期のビクトリー
レコードの社長ソンチェンはライバル会社の歌手ヤン・ミミを蹴落と
し、自社のティナを大賞に選考させる。その後、ライバル会社の社長
の偽装殺人に成功する。
 クリスマスの日、ビクトリーレコードは孤児の施設の恩恵院を慰問
する。ソンチェンは社会勉強にミンチョルを連れていた。恩恵院は木
造の粗末な施設だった(戦後の日本と同じ)。
 施設ではキム・ヨンスとキム・セナが生活を送っていた。ふとした
縁でミンチョルとヨンス、セナは出会う。しかし、その日ヨンスは、
偶然にセナの方に熱湯をかけてしまう。
 やがて、ヨンスは施設を出る年となり、セナと別れることになる。
セナもその後、施設を脱走するが、ヨンスは交通事故に出会い彼女
に会えなくなる。

何といっても一話は良くできていると思う。
第2話
 ヨンスは美大生になり、ビクトリーレコードのアルバイトをするこ
とになる。ヨンスは施設を脱走し別れ別れになったセナを探していた。
 万引き犯を追いかけると、変わり果てたセナだった。
一方、人気歌手の代役?をさせられたことをきっかけに室長ミンチョ
ルと親しくなる。

ヨンスは最初はアルバイトしながら美大に進み、セナはキャバレーの
経営者の愛人(恋人だが)となる。ヨンスのただならぬ苦労を演技か
ら読み取れることができる。しかし、セナはクリスマスの日、ヨンス
に会えず、人間不信となっていて堕落していた。

| | Comments (9) | TrackBack (34)

October 03, 2006

THE MYTH 神話

DVDになったのであげる。
伝統的にはゴシックロマンスという分野にはいると思う。
映画は80点だが、エンディング曲は90点以上と思う。
(韓国語ののほうが良い。キム・ヒソンは声も美声であ
る)

ジャンル:歴史
製作国:香港、中国
製作年:2005
監督:スタンリー・トン
脚本:ワン・ホエリン
主演:
ジャッキー・チェン/モンイー将軍&ジャック考古学教授
チェ・ミンス/チェ将軍
キム・ヒソン/ユシュー王后

スン・チョウ/グー教授
レオン・カーフェイ/ウイリアム物理学教授
エンディング曲:「神話」ハン・ホン&韓江
挿入曲:エンドレスラブ ジャッキー・チェン&キム・ヒソン
映画は21世紀の香港から始まる。ジャック教授はいつも同じ夢に
うなされていた。
その夢は秦の時代夢である。自分はモンイーという将軍で、皇帝の
新たな妃、朝鮮のユシュウの警護を務めるために国境へと向かっ
ている。そこへ妃のもと婚約者で奪還しようとするチェ将軍らがや
ってくる。戦いでユシュウの乗った馬車が谷底に転落し、支えよう
としたモンイーも転落していく。

現代の香港に場面は移る。ジャック教授はウイリアム教授に頼まれ
てインドに一緒にいく。ウイリアム教授は反重力の研究をしている
のだが、インドの遺跡にそれを解く鍵となる石が存在しているらし
い。その遺跡を守る聖者たちとの一波乱の後、ウイリアムは石を手
にする。反重力の石だった。

 ユシューとモンイーは谷川に落ちて九死に一生を得る。そして苦
労しながら秦の都にたどり着く。やがて二人には愛が芽生えるのだ
が、ユシューはモンイーに言われて国のため年老いた始皇帝に嫁ぐ。
やがて、始皇帝は死の床に伏し不老長寿の薬を求めるが内乱が起こ
る。モンイーは内乱を鎮圧するために出兵し、壮絶な死を遂げるが
不老長寿の薬を部下に渡す。その後、始皇帝の遺言で秘密の宮殿が
つくられ、妃ら家来、労働者は生き埋めにされる。

2200年後、輪廻転生?したモンイーことジャック教授とユシュ
ーは出会う。

***
悲劇なのか喜劇なのかがはっきりしない点に難がありそう。
それと少し最後の30分のストーリーに無理があると思う。
悲劇にしたほうがよいのではないだろうか。リシュウとは結ばれ
るが、亡くなるとか。
インドの発掘もいつものジャッキーものの匂いをとっても良かっ
たと思う。


| | Comments (1) | TrackBack (29)

« July 2006 | Main | March 2007 »