« November 2007 | Main | November 2008 »

March 20, 2008

ライラの冒剣

「ライラの冒険」
試写と封切に行った。
宗教分野なので、券をもらえた。
試写会のもようはMSNにある。封切りはかなり人出があった。若い
女性7割。ライラとかアメリのような女性ばかリ。
アカデミー賞 視覚部門でとっただけの事はある。圧倒的・・。
95点。

http://lyra.gyao.jp/
監督・脚本:クリス・ワイツ
撮影:ヘンリー・ブラハム
音楽:アレクサンドル・デプラ
出演者:ダコタ・ブルー・リチャーズ(ライラ)
ニコール・キッドマン(コールター夫人)
ダニエル・クレイグ(アスリエル卿)
エヴァ・グリーン(セラフィナ・ペカーラ)
サム・エリオット(リー・スコーズビー)
***
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%81%AE%E5%86%92%E9%99%BA
wikipedia
「あらすじ
物語は我々の世界に良く似てはいるが、人間には誰もが分身ともいえる
動物「ダイモン」がついており、魔女やよろいグマなどが住んでいる世
界から始まる。オックスフォード大学のジョーダン学寮に住むライラの
周りで、子どもたちが連れ去られる事件が相次ぐ。ゴブラーという組織
が北極で子ども達を何かの実験に使っているという噂。ライラの親友ロ
ジャーもさらわれ、叔父のアスリエル卿も失踪する。ライラと彼女のダ
イモンのパンタライモンは、船上生活者ジプシャンたちとともに、ロジ
ャーやその他の失踪した子どもたちや、アスリエル卿を救出するために、
学寮長から渡された「真理計(アレシオメーター)」を手に、北極へと旅
立つ。
小説{ライラの冒険(ライラのぼうけん、原題:His Dark Materials)
は、イギリスの作家フィリップ・プルマンが書いた三部作の冒険ファンタ
ジー。
第1部「黄金の羅針盤」(1995)、第2部「神秘の短剣」(1997)、第3部「琥
珀の望遠鏡」(2000)で構成される。」」
児童文学でない。内要は神学と心理学のテーマをファンタジーであらわ
したものといえる。
キリスト教の保守と自由の対立、その和解を描く。
母娘の成長期の問題を描く。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« November 2007 | Main | November 2008 »